各種予防接種

予防接種の重要性

病原体に感染することで発症するワンちゃん、ネコちゃんの伝染病は、最悪の場合死に至るものも少なくありません。また、伝染病ではなくても、蚊が媒介するフィラリアといった病気や、ノミやダニによる健康被害も防ぎたいものです。
当院では、このような伝染病や感染症、寄生虫を防ぐ予防接種を実施しています。
定期的に予防接種を受けることにより病気の発症を抑え、万一感染しても重篤化を防ぐことができます。

予防接種の種類

ワンちゃんの予防接種

混合ワクチン

ワンちゃんへの感染力が強い伝染病に対して、事前に予防するワクチンです。 対象となる伝染病の内容に応じて種類が異なりますので、詳しくは獣医師にご相談ください。

5種
  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬伝染性咽頭気管支炎
  • 犬パラインフルエンザ感染症
  • 犬パルボウイルス感染症
7種〜

5種に以下の2種が追加になります。

  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬レプトスピラ感染症(数種類)
予防接種の時期

初回のワクチンは生後2カ月と3カ月の2回行います(接種時期によって3回の場合もあります)。以後は1年毎の追加接種を受けてください。

狂犬病ワクチン

「狂犬病」は、発症すると100%死に至る怖い病気です。ウイルス性の伝染病で、ワンちゃんはもちろん、多くの哺乳類(人も含む)に感染します。
日本では「狂犬病予防法」によって生後91日以上のワンちゃんは、年に一度の予防接種が義務付けられています。

予防接種の時期

生後91日以上のワンちゃんを対象として、年に一度の追加接種を行います。

ネコちゃんの予防接種

混合ワクチン

ネコちゃんが感染しやすい伝染病を予防するワクチンです。

3種+猫白血病

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
  • 猫白血病
予防接種の時期

生後2~3カ月の時期に2回接種します。その後は年1回の追加接種を受けてください。

ワンちゃん・ネコちゃん共通の予防

フィラリア

蚊によって感染し、15~30cmくらいの細長い寄生虫が心臓に寄生する病気です。
フィラリアが発症すると、咳や食欲不振などの症状が現れます。一度感染すると治療が大変難しいため、事前の予防をおすすめします。

予防接種の時期と方法

毎月1回、予防薬を投与します。
予防薬には、おやつタイプ、錠剤、粉末などの内服薬と、皮膚から吸収させるタイプがあります。

ノミ・ダニ

ワンちゃんネコちゃんに寄生するマダニやノミは、激しい痒みとともに、ときには病気の原因となることもあります。
また、これらは人間にも害を及ぼすため、きちんとした対策をすることをおすすめします。

予防接種の時期と方法

1~2カ月に1回、予防薬を使用します。
予防薬には、皮膚から吸収させるタイプと経口薬があります。

side_inq.png