歯科治療

犬、猫の歯周病

3歳以上のワンちゃんやネコちゃんの約80%がかかっているといわれる「歯周病」。
歯周病とは、歯の表面や歯と歯肉の間にたまった食べカスなどが細菌と結び付いて歯垢となり、そこから放出する毒素で歯肉が炎症を起こした状態をいいます。
最初は「歯肉炎」から始まり、重症化していくと「歯周炎」となります(これらをまとめて「歯周病」といいます)。
歯周病がひどくなると、ものをしっかり噛むことができず、消化器に負担をかけるなど、全身状態に悪影響が及ぶので注意が必要です。

治療内容

当院では歯周病の治療として、歯石(歯垢が固まったもの)取りを行う「スケーリング」を実施しています。口腔内を清潔にすることによって歯周病の進行を食い止めることが可能です。
重度の歯周病については抜歯を行います。

歯周病の予防

歯周病を進行させないためには、日頃からお口の中をきれいに清掃することが大切です。
しかしペットの場合は、それを実施するのが困難な場合もありますので、そんな場合は定期的にスケーリングや口腔内のクリーニングを受けるのもおすすめです。
当院は歯石予防ツールを各種取り扱っています。

side_inq.png